沖縄画像1トイカメラ風.jpg

沖縄デュアルライフとは

<デュアルライフ×デュアルインカムの魅力>

沖縄で夢のデュアルライフ(二拠点生活)を実現しませんか?

「老後はのんびり南の楽園で過ごしたい!」と

希望される方は多いですが…

老後は沖縄移住という夢を抱いている方は多いですが、定年した後とはいえ、実際には今までの交友関係や親戚付き合い、子供や孫との繋がりなど考えると、なかなか実行には踏み切れないというのが実情です。もちろん、金銭的な事情もあるでしょう。しかし、完全移住じゃなくても半移住なら大丈夫!そんな夢の二拠点生活ことデュアルライフの実現を、弊社の提案でお手伝い致します。

 

◆ポイント1◆

例えば、5月から10月は都市部で! 11月から4月は沖縄で!

一年中、暖かな日差しの中で暮らせます。

当社の提案する沖縄デュアルライフ(二拠点生活)は、新築プライベートヴィラをご購入頂き、沖縄の観光ハイシーズン(5月~10月)は都市部のご自宅で生活しながら、ご購入物件をホテルとして運用し収入を得つつ、ローシーズン(11月~4月)は冬でも暖かい沖縄でのんびり過ごす。そんな生活をご提案致します!なお、ホテルとしての運用は豊富な運営ノウハウのある当社に全てお任せで実施しますので、オーナー様のお手を煩わせることなくご心配は要りません。

 

アーバンライフ

5月から10月

沖縄リゾートライフ

11月から4月

◆ポイント2◆

しかも、物件の運用で私的年金を受け取ることができます!

  

次の表は、昨年2月にオープンした恩納村恩納にある、当社プライベートヴィラの今年の2月までの売上表です。例えば、オーナー様が11月から4月まで沖縄で過ごします。さらに5月から10月までをホテルとして運用すると、その間の売上はトータルで 4,042,398円となっております。ここから弊社の運営費(26.5%)を差引いた、約297万円が沖縄のプライベートヴィラから得られるオーナー様のご収入となります。

 

<運用地例:沖縄県恩納村>

まずは、沖縄の物件から297万円の収入!

◆ポイント3◆

さらに、オーナー様が沖縄でリゾートライフを満喫している間に、

ご自宅を民泊仕様にリフォームして、そちらからも収入を得られる!

  

次の表は東京都杉並区で弊社が旅館業として運営している、3LDK(80㎡)の一軒家の1年間の売上表です。例えば、オーナー様が沖縄生活を満喫されている11月から4月までの間に、ご自宅を民泊として運営すると、4,268,487円の売上となり、ここから弊社運営費(26.5%)を差引くと、約313万円がオーナー様のご収入となります。

<運用地例:東京都杉並区>

加え、自宅を運用して313万円の収入!

つまり、デュアルライフを送りながら、年間610万円ものご収入※を

得ることが可能なのです!(デュアルインカム)

※上記610万円のご収入はあくまでもシュミレーション上の数字であり、実際のご収入は物件により異なります。

Dual Life × Dual Income

◆ポイント4◆

デュアルインカムだから、​自己資金は使わずに、

ローンを組んでヴィラを購入することも可能に!

  

蓄えはあるけれど、これからいつどこで入用になるか分からないので、出来れば手元に資金は残しておきたい。
そのような場合は、ローンを組んで購入し、
ローンの返済はホテルの運営収入からお支払する事も可能です。

沖縄リアルター株式会社​

沖縄本社:沖縄県国頭郡恩納村字恩納6084

TeL:098-983-4622

東京支社:東京都新宿区西新宿2丁目6番1号 新宿住友ビル

​ HP:https://www.o-realtor.com/

Copyright © 2020 OKINAWA REALTOR. All rights reserved.

お問い合わせは​ラインからでも!